ちょこたび埼玉

ちょこたび埼玉



関根桐材店
桐CUBEコーヒーキャニスター

在庫17個

桐CUBEコーヒーキャニスター ◎サイズ/13cm × 13cm × 13cm
  • 数量

3,300 (税込)


コーヒー好きな方へのプレゼントに喜ばれています。

●なぜ桐はコーヒーのおいしさを守るのでしょう?

コーヒー好きな人はその産地や品種さらには焙煎方法や挽き方にまでこだわります。
しかしながらコーヒー豆は焙煎した後、鮮度が落ち香りを失いやすいものです。
原因は酸化・湿気・乾燥そして紫外線など環境による劣化です。
桐CUBEはコーヒーをそれらの悪条件から守り挽きたてのおいしさを保ちます。

熟練の職人が作った桐たんすは引き出しを閉めたら別の引き出しが飛び出してきます。これは桐たんすの気密性の高さを表す現象です。
空気が逃げ場を探して別の引き出しを押し出して抜けるからです。
当然こうなるには高い技術が必要です。
この気密性によって内部は外部と遮断され温度や湿度・紫外線から守りコーヒーの鮮度を保つのです。また桐は多孔質な木材です。
多孔質とは内部に空気の層を含むことで、発泡スチロールと同じ原理でこれが外部の悪条件をシャットアウトします。

詳しい商品情報についてはこちらの動画をご覧ください。桐CUBE コーヒーキャニスター動画

https://www.youtube.com/watch?v=ZgEVwaPX8zs&t=13s

●国産の桐と伝統の技術にこだわりました!

日本人は古来から桐を生活の中で使用してきました。
その軽さ、柔らかさそしてなにより木目の美しさを活かして高級調度品や衣類や書物の収納用具として大切なものの保存が主な用途でした。
時代とともに日本人のライフスタイルも変わります。そこで現在の生活に役に立つものを桐で作りたい。
そんな想いからコーヒーキャニスター「桐 CUBE」が商品化されました。

サイズは11×11×11㎝の立方体 コーヒー豆200gが入ります。
また中ぶたが落としブタになっているので中身が減ってゆくと一緒にフタも落ちるので空気にふれません。

関根桐材店公式サイト
http://www.sekinekiriya.com

尚この商品は芝浦工業大学・デザイン工業学部の学生諸君とのコラボレートにより実現しました。
日本の伝統工芸と若い感性とマッチングです。

商品の詳細はこちらの動画をご覧ください。

ギフトラッピングも承ります。

発送はご注文確定から2日が目安です。

関連商品RELATED ITEM

すべての商品を見る

おすすめ情報RECOMMEND

ページの先頭へ